サイトメニュー

昼キャバとは

昼キャバとは、キャバクラ嬢と呼ばれる女性スタッフが客の席に付いて接待を行う飲酒店。料金が時間制で、接待を行う風俗営業である。
語源はフランス語由来の「キャバレー」(cabaret)と、英語由来の「クラブ」(club)を合成した造語で、和製外来語である[1][2]。キャバレーのような明朗な時間制料金で、クラブの高級感を合わせ持つことを意図した[3]。
1980年代半ばに現れた業態で「風俗営業等取締法」改正後の新たな業態として注目された[4]。当初は「3回通えば、店外デート」がセールスポイントであった[3]。料金が時間制である点がスナックや高級クラブと異なる。その後、内容も多少変わっているが、店外デートを目当てに通う客は後を絶たない。過当競争の続いた1990年代後半以降、繁華街を避けた郊外出店もみられる。
女性従業員(ホステス)には「笑顔での応対」や「相手に話を合わせながらいい気分でお酒を飲ませる」など、感情労働を求められる。
類似の名称に「セクキャバ」「お触りキャバクラ」「ピンキャバ」などがあるが、一般に性的サービス内容によって、セクキャバとお触りキャバクラは「セクシーパブ」に、ピンキャバは「ピンクサロン」に分類される。逆に男性従業員が女性客を接待する同様の業種に「メンズキャバクラ」がある。
本来キャバクラは風適法の関係上、遅くとも深夜1時には営業を終了しなければならないことになっているが、従来はその制限を守らず、客がいる限り深夜4〜5時頃まで営業を行う店がほとんどだった。しかし近年になって警察の取締が強化され深夜帯の営業が困難になりつつあること、また雇用形態の多様化から昼間でもキャバクラのような業態の店舗に対するニーズが生まれてきたことから、主に既存のキャバクラが、昼間遊んでいる店舗の活用、深夜帯の営業中止により減少した売上を少しでもカバーすることなどを目的に、昼間から営業を開始する例が見られるようになった。これら昼間営業するキャバクラを通称「昼キャバ」と呼ぶ。
昼キャバと一口に言っても、実際はホストクラブにおける「二部営業」(夕方〜深夜1時までの1部、日の出〜昼頃までの2部と営業時間を分けて営業する形態)同様の営業形態を取る店もあれば、昼頃にオープンし夕方まで営業する形態の店など、営業形態は様々である。

カンパイ系

癒し系

在宅系

サロン系

Copyright (C) 昼キャバ 東京 求人 Allright Reserved.